環境への取り組み

ページメニュー

体制と役割

環境マネジメントシステムを実行するために、以下のような体制を発足させ、その役割、責任、権限を定めます。

モリサワの体制図

環境マネジメント統括者

  • 環境方針を定める。
  • 環境マネジメントに必要な要員・資金・時間・技術などを提供する。
  • 環境マネジメントの見直しを図る。
  • 内部環境監査員および環境管理責任者を任命する。

環境管理責任者

  • 全社に係わる環境目的・目標を承認する。
  • 内部環境監査結果における不適合事項の確認と当該部門への改善命令を発行する。
  • 環境方針および全社の環境目的・目標の立案と当該部門への分担を指示する。
  • 環境マネジメントに関する啓発と教育の推進をはかる。
  • 環境マネジメント事務局の統括を行う。
  • 「環境マネジメントマニュアル」の起案および改定を管理する。
  • 構築・運用中の環境マネジメントシステムに不適合が発見された場合の原因究明とその対策の検討、関連部門との調整を行う。
  • 全社的な環境問題の解決のための活動の実施状況の検証、推進および記録を指示する。
  • 緊急事態発生時を想定して、部門別の対応体制(組織・対応策など)の整合性の確立をはかる。

環境管理委員会

  • 当該部門における環境マネジメントの体制および活動に関するすべての責任と権限を有する。
  • 当該部門における環境影響評価を実施する。
  • 環境方針、全社の目的、目標から当該部門の環境目的・目標を決定する。
  • 当該部門の環境マネジメントの把握と不適合が有る場合の是正措置を講じる。
  • 当該部門における緊急事態発生時の連絡体制と応急措置の明確化ならびに再発防止対策までの仕組みの確立と維持を図る。
  • 購買業務など契約取引を担当する部門の推進管理者は、取引先に対する当社の環境方針や関連する目的・目標などの周知徹底を図る。

環境マネジメント推進リーダー

  • 当該部門における環境マネジメント活動の具体的な施策の立案、管理および推進をする。
  • 当該部門の環境マネジメント状況の把握および環境方針、当該部門の目的・目標、管理プログラムとのあいだの不整合の原因追求と具体的な対策の検討と実施を行う。
  • 当該部門における環境マネジメント活動状況のまとめと環境マネジメント推進管理者への報告を行う。
  • 当該部門における緊急事態および事故発生時の状況把握とその応急措置並びに環境マネジメント推進管理者への報告、さらに再発防止対策の立案、実施および確認を行う。

環境マネジメント事務局

  • 環境担当役員・環境管理責任者の補佐および環境マネジメントシステム構築の推進窓口業務を行う。
  • 環境マネジメントシステム構築時の各部門間の調整を行う。
  • 環境マネジメントに関する社内および社外への窓口業務を行う。
  • 環境マネジメント活動の推進と支援を行う。
  • 環境情報の入手と社内への情報提供および啓発を行う。
  • 環境マネジメント推進のための会議などを開催し、事務運営に当たる。
  • 内部環境監査責任者の指示に従い、内部環境監査の事務運営を行い、その活動を補佐する。

内部環境監査員

  • 内部環境監査の実施を計画する。
  • 内部環境監査を実施する。
  • 指摘事項および是正処置の確認と承認を行う。
  • 社長および環境管理責任者への監査結果の報告を行う。

以上
2000年12月