ニュース&プレスリリース

ページメニュー

モリサワ「タイプデザインコンペティション 2016」モリサワ賞 和文部門金賞 松村潤子氏(日本)、 欧文部門金賞 バルト・ヴォレブレヒト氏(オランダ)が獲得

株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel.06-6649-2151 代表、以下モリサワ)は、「タイプデザインコンペティション 2016」の審査結果を発表します。

ロゴ

「タイプデザインコンペティション 2016」は、各界を代表する多彩な審査員とともに、新たな表現力とチャレンジ精神に溢れたタイプフェイスデザインの追求を目指し開催しました。応募は2016年5月1日から7月31日にわたって受付け、世界49の国や地域から、前回を大幅に上回る739点(和文部門205点、欧文部門534点)の作品が寄せられました。

審査会は11月9日と10日の両日、株式会社モリサワ本社大ホールにて行われました。2日間にわたる審査の結果、別記の通り、和文部門、欧文部門とも、独創性や審美性を追究した作品に贈られる「モリサワ賞」として、金賞、銀賞、銅賞各1点ずつと佳作各3点、モリサワからの製品化にふさわしい優れた作品に贈られる「明石賞」として各部門1点の入賞作品が選出されました。また、「ファン投票」では、一般の方からのWeb投票で得票1位・2位の作品が決定しました。

審査風景(和文部門)
審査風景(欧文部門)

審査には、和文部門は鳥海修氏、永原康史氏、原研哉氏、山本太郎氏、欧文部門はサイラス・ハイスミス氏、サラ・ソスコルン氏、フレッド・スメイヤーズ氏、マシュー・カーター氏の計8名があたりました。審査委員長はマシュー・カーター氏が務め、明石賞の審査には、和文・欧文の両部門に森澤典久(モリサワ文研株式会社代表取締役社長)があたりました。

入賞作品と審査員の講評をまとめた作品集は、2017年春の刊行を予定しています。また、最終審査に選出されたファイナリスト作品や今後予定されている各種イベントについては、タイプデザインコンペティション公式サイトでご案内します。

入賞作品と作者

(敬称略)

モリサワ賞

和文部門

和文部門金賞

金賞 しまなみ 松村潤子(日本)

和文部門銀賞

銀賞 月映え 小澤直子(日本)

和文部門銅賞

銅賞 なつめ M / B 豊島晶(日本)

和文部門佳作

(左から)

佳作 雁楷書 大庭三紀(日本)

佳作 tgk02 ヨコカク(日本)

佳作 くれとんぼ 多田遼太郎(日本)

欧文部門

欧文部門金賞

金賞 Vonk Regular / Italic バルト・ヴォレブレヒト(オランダ)

欧文部門銀賞

銀賞 Rododendron  イトカ・ヤネッコヴァ(チェコ)

欧文部門銅賞

銅賞 Abelha ミシェル・デール、ジュリアン・プリエ(フランス)

欧文部門佳作

(上から)

佳作 Edna レイモンド・シュローダー(ドイツ)

佳作 Newline クリスチャン・メンゲル(スイス)

佳作 TroisMille マーク・ルオー(フランス)

明石賞

和文部門

和文部門明石賞

しまなみ 松村潤子(日本)

欧文部門

欧文部門明石賞

Vonk Regular / Italic バルト・ヴォレブレヒト(オランダ)

ファン投票

和文部門

和文部門ファン投票

(左から)

得票1位 間取りフォント 竹上紗矢香(日本)

得票2位 涙体 楊宗烈(台湾)

欧文部門

欧文部門ファン投票

(上から)

得票1位 Legilux アントニア・コーネリオス(ドイツ)

得票2位 Untitled デズモンド・ウォン(アメリカ)