ニュース&プレスリリース

ページメニュー

2017年4月25日 大阪開催「文字組版の教室」のお知らせ

2017年4月25日 大阪開催「文字組版の教室」のお知らせ

開催のご案内

  パソコンや携帯電話、スマートフォンなどの電子デバイスやインターネットの普及により、紙以外で組版された文字を見る時代になりました。メディアが変化し ても、紙面作りや電子書籍、Web サイトで読みやすいレイアウトを作るには「文字組版」の知識をつけて、そのスキルを鍛えなければなりません。
紙面を作る環境は、「プロ」でなくともそれなりにレイアウトができるようになりましたが、同じ道具(ツール)でも「プロ」はクオリティを追求しています。そこには単なる好みの問題ではなく、技術や正しいルールを知った上で取り組むことがとても重要です。

 モリサワでは、フォントや組版ソフトウェアの品質向上に努めると同時に、写植書体の時代から長年にわたり培われてきた美しい文字組版が行える人材の養成に取り組んでいます。

 今回は、主に文字組版の基礎知識を見直したい方や未経験者から入社3年程度の実務経験者向けに「文字組版の教室」を下記概要で開催いたします。

1.文字の歴史と組版の基礎知識
(DTP までの歴史・フォントの特徴と選び方・字面・字詰と行長・組版の単位・文字種など)
2.日本語組版の基本ルール
(タテ組とヨコ組の違い・約物の扱い方・詰め組・レイアウト設計・ルビ・和欧混植・数字と欧文・見出し・注・表組など)
3.デジタルフォントと文字コード
(フォントフォーマット・異体字・JIS2004・ユニコード・IVS・EPUB・多言語など)

開催日 2017年4月25日(火)
時間 10:00~17:00
(途中休憩、5Fショールーム見学を含みます。進行状況により終了時間が前後する場合がございます。/受付9:30より)
主催 株式会社モリサワ
協賛 日本エディタースクール
会場 株式会社モリサワ 本社 4F・セミナールーム
大阪市浪速区敷津東2-6-25
講師 加藤 早紀
(株式会社モリサワ)
受講料

10,000円(税込)
講習用テキスト・参考図書「文字組版入門 モリサワ編」「文字の組方ルールブック」
(いずれも、日本エディタースクール出版部・刊)の各テキスト代および、各種配布資料などを含む料金です。
筆記具については別途お持ちください。
※昼食はご用意しておりませんので、各自でご用意ください(外出・持ち込み可)

定員 50名程度を予定
対象 印刷会社および印刷関連会社のDTP・組版編集担当の方、印刷会社の営業担当者、編集者、校正者、その他文字や組版に関わりのある方。
申込 下記よりWebによる申込を受付けております。

セミナーの内容

1.文字の歴史と組版の基礎知識
読みやすく美しい印刷物をつくるためには、フォントの構造や特長だけでなく、その成り立ちについても知ることが大切です。
文字の特長や種類について歴史を押えながら解説します。

2.日本語組版の基本ルール
さまざまな文字種別を扱う日本語は、組むためのルールも複雑です。どのような点に気を付けながら文字組みを行っていくべきかを、文字組版の考え方や組版結果の例題を交えながら説明します。

3.デジタルフォントと文字コード
コンピュータを利用する現代で欠かせないデジタルフォントは、文字コードをはじめとするさまざまな技術を知っておく必要があります。
日常で意識せずに利用している文字規格など、関連技術もあわせて説明します。

※座学形式による受講となり、ソフトウェアの個別実技等は行いませんが、解説のために講師が機能などの説明を行う場合がございます。
※開催日程や進行状況などにより内容を変更する場合がございます。

お客様の個人情報の管理について
※ご記入いただきました内容は、本セミナーにおける事務処理や今後開催されるセミナーのご案内のみにご利用させていただきます。
※お客様の個人情報の管理についてお客様から提出された個人情報は重要なものと認識し、その取り扱いについては細心の注意を払い、厳重に管理しています。この個人情報は、「文字組版の教室」の申込及び、今後の「文字組版の教室」のご案内のみに活用させていただきます。