ニュース&プレスリリース

ページメニュー

2018 年8月3日(金)・9月10日(月)東京開催「文字組版の教室」のお知らせ

2018年8月3日(金)・9月10日(月) 東京開催「文字組版の教室」のお知らせ

開催のご案内

 現代ではパソコンや携帯電話、スマートフォンといった電子デバイスの普及により、誰もが意識せずにデジタルフォントを利用できます。その整った文字を使って情報の発信をしたり、コミュニケーションに利用することが自然に行われています。もちろん印刷文書の作成においても同様で、ソフトウェアとデジタルフォントを利用して作成することが当たり前となっています。

 整った文字、いわゆる「活字」を使った印刷文書の作成や印字は、旧来は専門業種によるものであり、培われた文字組版の技能は脈々と受け継がれていました。しかし現代では誰もが活字を利用できるようになった反面、文字組版の技能を対面で学べるような機会はあまり多くありません。

 印刷物全体の要素のうち、文字は多くの人に閲覧されるもので、情報伝達や記録、意思の疎通に欠かせないものです。その品質が高ければ内容をよりよく伝えられる可能性が高まりますが、作成物の品質が良くないことで内容伝達の機会を自ら喪失している可能性も否めないのです。

 モリサワでは「文字を通じて社会に貢献する」を社是に、印刷などに利用する文字、文字組版に関わる製品を提供しています。また長年にわたり培われてきた文字組版の技法を伝えるため、人材育成に日々取り組んでいます。

 今回は、文字組版のルールに関する考え方や捉え方を学ぶこと、そしてデジタルフォントと組み合わせた場合の文字組版の要点を考えることを中心とした、1日セミナーを開催いたします。

開催日 2018年8月3日(金)・ 9月10日(月) 
時間 10:00~17:00
(途中休憩を含みます。また進行状況により終了時間が前後する場合がございます。/受付9:30より)
主催 株式会社モリサワ
協賛 日本エディタースクール
会場 株式会社モリサワ 東京本社 9F・セミナールーム
東京都新宿区下宮比町2-27
講師 長谷川 昌紀
(株式会社モリサワ)
受講料

10,000円(税込み)
講習用テキスト・参考図書「文字組版入門 モリサワ編」「文字の組方ルールブック」(いずれも、日本エディタースクール出版部・刊)3冊のテキスト代、各種配布資料を含む料金です。筆記具および昼食は各自でご用意ください。(昼食時の外出・持ち込み可)

※お振込み後のキャンセルおよび返金はお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。 ただし、申込者以外の方の代理出席や次回開催時への繰り越しは可能です。

 

セミナーの内容

1.文字構造と組版

文字組版のルールを考える際に欠かせないのは、その基礎を担うと同時にルールにも影響する、扱う文字そのものの構造です。日常業務でよく利用される和文・欧文を中心とした文字の基礎構造や、実際の文字組版との関連や注意点などを説明します。

2.日本語組版の考え方

文字組版における処理方法は、さまざまな体裁や表現方法、利用シーンなどにより扱い方が異なってきます。また文字組版では選択する場面が多くあり、その処理方法をどのように捉えて選ぶべきなのか、などを、日本語の文字組版を中心とした考え方を確認していきます。

3.デジタルフォントと文字コード

コンピュータを利用する現代には欠かせないデジタルフォント。その仕組みは文字コードなどをはじめとするさまざまな技術により利用できるようになっています。日常で意識せず利用している文字規格など関連技術もあわせて現在必要である基礎的な情報を確認していきます。

※座学形式による受講となり、ソフトウェアの個別実技等は行いませんが、解説のために講師が機能などの説明を行う場合がございます。
※開催日程や進行状況などにより内容を変更する場合がございます。
※昨今の電力消費削減に配慮した空調設定を行いますので、当日の天候にあわせ、温度調整をしやすい服装でのご参加をお願いいたします。

お客様の個人情報の管理について
お客様から提出された個人情報は重要なものと認識し、その取り扱いについては細心の注意を払い、厳重に管理しています。
この個人情報は、本セミナーにおける事務処理や今後開催されるセミナーのご案内のみにご利用させていただきます。