採用情報

ページメニュー

社員の声 本社営業部営業一課 惣津弘一

モリサワに入社した理由

学部の中に芸術学科があった関係で、最新のDTPで作品を作る友人もおり、デジタルの世界は私にとって身近なものでした。
2回生の時に学部のパンフレット、3・4回生の時に大学全体のパンフレットを作る機会がありました。それまでアナログ入稿だったものを一からDTP化したのですが、さまざまな編集作業や印刷会社との関わりなど、その時の経験は貴重な財産になっていますね。一足先に営業先のお客様の体験を味わったようなものです。そこで自然と文字が持つ魅力に興味をひかれ、美しくて高品質のモリサワのフォントは憧れの存在でした。

就職活動では「大阪本社の会社」を志望し、モリサワがそうであったこともあり、決断に迷いはありませんでした。
順調に進み採用に至った勝因は、企業研究だったと思います。フォントというソースをもとに新しいサービスを提供していく方針に、さらなる成長の可能性を感じて、モリサワを志望しました。

現在の仕事内容

モリサワはメーカと商社という二面性を持ち、ユーザの周辺ビジネスをサポートしていく会社です。自社製品の知識だけあればいいというものではなく、社内勉強会のほかに、メーカ主催の勉強会にも参加します。

お客様の要望に最適なソリューションを提供するため、ふだんから社内の開発技術者とのコミュニケーションはとても重要。場合によっては、営業に同行してもらうなど、臨機応変な対応が求められます。自分の提案が採用にいたった時の喜びは隠せません。
たとえば、手帳を作るソリューション(自動化)を提案したケースでは、お客様が今までかなりの手間と時間をかけていた手帳制作を大幅に時間短縮でき、大きな成果を上げられました。

単に商品を売っておしまいという仕事ではなく、お客様は当社の製品を購入したことで利益を上げ、当社は販売することで利益を上げるという、お互いWin-Winの関係作りが仕事の本当の目的。そのために、いつも誠実でありたいと心がけています。