フォント用語集

ページメニュー

アウトラインフォント


文字の輪郭を滑らかな曲線のデータとして持っているフォントのことです。 使用する大きさに関わらず、常にきれいな文字出力ができるという利点があります。

TrueTypeフォントやOpenTypeフォント、ATMフォントなどのように、現在、PCで表示するフォントのほとんどはアウトラインフォントと言ってよいでしょう。このアウトラインフォントに対して、点の集まりで文字を描くフォントのことをビットマップフォントと言います。

アウトラインフォントとビットマップフォント、この2つは、Illustratorのパスとhotoshopの画像データの関係をイメージするとわかりやすいでしょう。Illustratorで描いたパスは拡大・縮小しても品質が変わりませんが、Photoshopで扱う画像データは、拡大によって粗くなってしまいます。

DTPによる製版では、このアウトラインフォントによって、サイズを問わず、常に美しい文字の出力を可能にしています。