フォント用語集

ページメニュー

PostScript


PostScriptは、印刷・表示されるページに含まれるテキスト、図形、画像などの多様なページ構成要素を取り扱うことができるプログラミング言語です。

一般的に「ページ記述言語」と訳されます。PS(ピーエス)と略すことが多く、PSフォント、PSプリンタなどと言うときのPSも、このPostScriptのことを指します。 これまでのDTPの歴史は、PostScriptの歴史と言っても過言ではなく、素材の制作からレイアウト、出力に至るまで、すべてのデータはPostScriptをベースに行われていました。

しかし、Illustratorはver.9から内部データがPDFに変わり、アドビ システムズ社が提供する出力のコアエンジンもPostScriptベースのCPSI(Configurable PostScript Interpreter)から、PDFベースのAdobe PDF Print Engine(APPE)へのシフトが進むなど、DTPはPostScriptからPDFへの時代へと変化しています。