「FONTPARK Classic」と「FONTPARK 2.0」からなる、モリサワフォントでインタラクティブに遊べるコンテンツです。フォントという共通のモチーフをどう扱うかに、アーティストそれぞれの個性を感じていただくことができるとともに、フォントによる表現の変わらぬ豊かさや可能性をお楽しみいただければ幸いです。

FONTPARK 2.0

2008年に制作された中村勇吾氏(tha ltd, yugop.com)の作品。フォントを手でつかむような直感的な操作から、グラフィック作品を制作し、投稿できるしかけです。

PLAY SCREENSAVER Win/Mac

こちらから注意事項をご覧ください。
作品のテーマ:使用する文字とコピーが持つ書体イメージのグラフィック作品であれば、自由です。
サーバ利用でフォントを利用するには、別途契約が必要となります。「FONTPARK 2.0」をご覧になるためには、Adobe Flash Player が必要です。ダウンロードはこちら

FONTPARK
Classic

2003年に制作された、4つのコンテンツからなる、ジョン前田氏(MAEDASTUDIO)の作品。シンプルな構成によるインタラクションの質の高さは、技術が進歩した現在も色褪せることがありません。※アーカイブ映像の配信のみになります。

PLAY MOVIE