多言語フォント

ページメニュー

MORISAWA PASSPORTが提供する簡体字・繁体字、ハングル、ラテン文字はAdobe社の文字セットに準拠しています。


繁体字の文字セット

MORISAWA PASSPORTが提供する繁体字はAdobe Adobe-CNS1-0及びAdobe-CNS1-3に準拠しています。これは繁体字を使用する地域で最もよく利用されているBig-5、HKSCSをカバーしています。(Big-5は1984年に5大パソコンメーカが共同で共通のコード体系を策定したので、Big5の名が付けられました)HKSCS(香港追加文字セット)は香港政府がBig-5コードを元に拡張させた文字セット標準で、現在香港の中国語情報交換コードの標準となっています。香港の地名、人名用漢字、広東語用文字、異体字、ごく少数の簡体字、ひらがな、カタカナおよび、ロシア語のキリル文字など、香港で一般に使用される5,009個の文字・符号が含まれています。

繁体字 Adobe-CNS1-0
(14,099字)
Adobe-CNS1-3
(18,846字)
Big5-2003
(13,825字)
Big5-2003
(13,825字)

簡体字の文字セット

MORISAWA PASSPORTが提供する簡体字はAdobe-GB1-0・Adobe-GB1-1・Adobe-GB1-4に準拠しています。現在中国で最も普及している文字セットGB2312-80とGB18030-2000をカバーしています。1980年に漢字文字コード(文字セット)規格「資訊交換用漢字編碼字符集基本集」(GB2312-80/7,445字)を公布、2000年にGB18030-2000/28,427字「情報交換用漢字エンコード基本集の拡張」が公布され、それぞれ国家標準となりました。GBとは国家標準のピンイン発音(Guojia Biaozhun)の頭文字の略です。

簡体字 Adobe-GB1-0
(7,717字)
Adobe-GB1-1
(9,897字)
Adobe-GB1-4
(29,064字)
GB2312-80
(7,445字)
GB12345-90
(7,583字)
GB18030-2000
(28,427字)

ハングルの文字セット

MORISAWA PASSPORTが提供するハングルはAdobe-Korea1-2に準拠しています。これは韓国で最も普及している文字コードKS X 1001(旧KS C 5601)(通称KSコード)をカバーしています。

ハングル Adobe-Korea 1-2
(18,352字)
KS X 1001-
(8,224字)

ラテン文字の文字セット

MORISAWA PASSPORTが提供するラテン文字はAdobe Latin 1に準拠しています。Adobe Latin 1は基本的なラテン文字のセットです。主な西ヨーロッパ諸国で使用されるラテン文字を含みます。

ラテン文字 Adobe Latin 1