組込みフォント

ページメニュー

Bitmap

ビットマップフォントは、ほとんどの組込み機器、アプリケーションで使用できるドットで構成されたフォントです。OSのない環境でも文字を表示・印刷することが可能で、各種家電、電子辞書、カーナビの最小文字、工業用機器、電光掲示装置などに広く用いられています。

用途

  • 表示させる文字サイズが決まっており、1~3サイズ程度の文字を表示
  • ラスタライザが組込まれていない環境で文字を表示
  • ローパワーのCPUで文字を表示
  • 低画素のデバイスで文字を表示
  • 使用文字サイズが小さく、ROMなどのデータ容量に余裕が無い場合

特徴

  • 容易に組込みが可能
  • 小サイズでも綺麗に表示可能

ボディサイズとレターサイズの関係について

ビットマップフォントの大きさ(枠)のことをボディサイズ、そして点(ドット)の情報があるエリアの高さおよび幅をレターサイズと称しております。

  • 言語:日本語
  • 書体:ゴシック体
  • ボディサイズ:16×16(縦×横)、レターサイズ:15×15(縦×横)
  • 線幅:1ドット
  • レタースペース(余白):下1ドット、右1ドット空き
組込みフォントに関する情報はこちらから
お電話でのお問合せ

OEM営業課

【サポート時間】平日:午前9:00~12:00と午後1:00~5:15 (祝祭日・弊社規定休業日を除く)