オンデマンドプリンティングシステム - ソリューション事例

ページメニュー

ハガキ宛名
~自動化ワークフローの作成~

MVPとProfessional Edition付属ツール「MJF」を使ったハガキ宛名製作をご紹介

MVP Professional Editionの付属ツールMJFでは、MVPの処理を自動化する簡単なフローを作成できます。ホットフォルダ運用が可能なので、定期発送のDMなどリピートのあるお仕事が省力化できます。

PDF版ダウンロードはこちら


ホットフォルダ運用が可能

ファイル監視機能を使用し、ホットフォルダ運用が可能です。この機能では、指定したフォルダにファイルが入ることで、自動処理の実行を開始するように設定できます。


アイコンを並べて自動処理を作成

該当する処理を表すアイコンをツールボックスから選択し、フロー画面上にドラッグ&ドロップ。あらかじめ作成したファイルを登録するだけで自動処理が作成できます。


組版から面付け・印刷までを自動化

MJF上で面付け・印刷の設定を行えます。設定はMJFのジョブファイルに保存されるので、出力時に毎回設定する必要がありません。


関連製品

MVP7 Professional Edition

データベース(CSVなど)を読み込み、自動で効果の高い可変印刷物を作成するソフトウェアです。シンプルな操作と豊富な日本語組版設定で、宛名、DM、名刺、ナンバリング、プライスカードなど、可変データをあつかう様々なアイテムにご活用いただけます。

印刷に適した高品質なモリサワOpenType書体が7書体バンドルされているので、フォント環境がなくてもすぐに制作をはじめられます。


製品体験版のダウンロード

MVPの体験版をご用意しております。ご購入前にダウンロードしてお試しください。なお、体験版には機能の制限事項がございますので、ご使用前に以下をご確認下さい。

製品体験版の制限事項

  • 期限は無期限で使用できます。
  • 101枚目以降の印刷にウォーターマークが付加されます。
  • 製品体験版にはバンドルフォントは付属されておりません。
  • バーコードボックスの文字併記機能は使用できません。
  • イメージバリアブルのお試し機能は出力解像度が72dpi固定、
    出力範囲は常に指定レコード範囲の最初の1レコードのみとなります。
  • MXP for MVP、MJF for MVPの製品体験版は用意しておりません。

サポート・お問合せ

お電話でのお問合せ

ユーザサポート部:オンデマンドプリンティングシステム(西日本)

ユーザサポート部:オンデマンドプリンティングシステム(東日本)

【サポート時間】平日:午前9:00~12:00と午後1:00~5:15 (祝祭日・弊社規定休業日を除く)