LayoutSquare

ページメニュー

文字レイアウトに必要なさまざまな機能を実装し使いやすさを追求しています


DB 連携で文字列や画像の大量差し替えも可能

ダイレクトメールや名刺、明細書といった、レイアウトの一部が1枚ごとに変わる制作物を作る仕組みを備えています。テンプレートに変更したい情報を設定しておくことにより、データベースに用意された情報と連携して、印字情報の差し替えを自動化できる、バリアブル(可変)処理を高速に実現できます。


可変印刷出力向けの面付け機能も内包

1枚の用紙に複数のレイアウトを並べて印刷時の出力効率を高めることができる「面付け」に対応しており、カウントコストだけでなく用紙コストも抑えることができます。


縦組み処理や異体字処理などの日本語組版も充実

一般的には難しい処理といわれる、日本語の縦組みに対応。また縦中横や文字アキ、詰め組、ルビ、禁則処理といった日本語ならではの細かな文字処理も表現可能です。Adobe-Japan1のCIDコード指定に対応するため、さまざまな異体字出力にも対応します。人名や地名の表現も過不足なく出力できます。


多言語表示にも対応

日本語だけではなく、英語や中国語(簡体字・繁体字)、ハングルなどの多言語文字列を表示させることも可能なので、複数言語の印字が必要な制作物にも対応できます。


その他機能

各種バーコードの生成、出力機能

JAN8/13、物流シンボル(ITF6/14)、ITF(Interleaved 2 of 5)、
CODE39/93/128、UPC A/E、NW-7、郵便カスタマ、QRコード(model2)

印刷業界標準のPDFエンジンを採用

印刷用途向けのPDF/X規格に準拠したPDFの生成が可能

レイアウト

画像、図形、テキストボックス、バーコードボックスを配置

画像処理

各種画像形式の取り込み、透明画像処理に対応