MDS-B2

MC-B2オプション機能を標準装備

「MDS-B2」は、スタイル組版編集ソフトウェアMC-B2を核として、「自動組版」を実現するためのユーティリティソフトウェア群を組み合わせてパッケージ化した製品です。

1年契約【PC1台】

400,000円(税抜)

お問合せ

MDS-B2の特徴

高品質な組版を実現する自動組版システム

ExcelやCSVによるデータ入稿に対応しており、索引生成やテキスト加工のユーティリティソフトウェアが充実していますので、組版の全工程の自動化を実現します。


主な機能

入稿データの加工

ExcelやCSVデータで入稿された場合には、「MXP」でデータを一気に組版用テキストに仕上げることが可能です。ここではデータ内容に対する条件分岐の設定が可能ですので、細かな組版指示が効率よく行えます。

高品質組版の実現

組版に関しては「MC-B2」を利用することにより、外字などの文字処理機能の充実や組版表現力の多彩さを十分に活用できます。また「B2-index」の利用により専門書などに見られる高難度の索引も容易に作成できます。

圧倒的な高生産性の実現

目次・ 索引・ツメの生成など、本文の組版結果により確定する処理においても「B2-ex」「MXP」を利用することで、自動組版工程の一部に含めることができ、組版全工程での高生産性が実現します。

自動組版処理の実現

「MJF」により、種々の目的と機能を持った各ユーティリティソフトウェアで一括処理による自動組版を実現します。


MDS-B2に含まれるソフトウェア

MC-B2:組版編集ソフトウェア。
MXP:自動組版用データベース変換ソフトウェア。
MJF:自動処理を設定するためのジョブフロー作成ソフトウェア。
B2-index:高難度の索引処理を行うためのソフトウェア。
B2-ex、B2-ex+:目次や索引作成などのために組版物から頁・段・行情報を取得するためのソフトウェア。
B2-WordIn:Word入稿支援ソフトウェア。

MDS-B2サーバライセンス

自動組版で実績のあるMDS-B2のサーバライセンスです。通常、自動組版ではその工程に合わせたプログラムを作成する必要がありますが、MDS-B2にバンドルされるユーティリティソフトウェアを利用することで、索引生成やテキスト加工のフローがプログラム技術レスで構築できます。また、サーバ運用に必要な監視フォルダの設定やPDF変換、プリントアウトはもちろん、ユーザの作成したプログラムもフローに組み込むことが可能ですので、さまざまな自動組版にも対応が可能です。
サーバライセンスは1サーバあたりの年間契約システムです。クライアント数やCPU数に依存せず、安価な価格設定であるため、実験的に運用いただく場合にも、チャレンジ的にご利用いただく場合にも、採用しやすい形態でのご提供です。

MDS-B2
買取【PC1台】 2,000,000円(税抜)
1年契約【PC1台】 400,000円(税抜)
お電話でのお問合せ

ユーザサポート部:組版製品(西日本)

ユーザサポート部:組版製品(東日本)

【サポート時間】平日:午前9:00~12:00と午後1:00~5:15 (祝祭日・弊社規定休業日を除く)