UDデジタル教科書体とは

デジタル教科書をはじめとしたICT教育の現場に効果的なユニバーサルデザイン書体です。学習指導要領に準拠し、書き方の方向や点・ハライの形状を保ちながらも、太さの強弱を抑え、ロービジョン(弱視)、ディスレクシア(読み書き障害)に配慮したデザインで、読みやすさについてのエビデンスも取得しました。今回のアップグレードでは、英語学習教材に適した欧文書体「UDデジタル教科書体 欧文」と、教材制作に必要な「UDデジタル教科書体 学習記号」も同時に提供します。

読みやすさのエビデンス

UDデジタル教科書体は、ユーザ評価に基づく読みやすさのエビデンスを取得しています。ロービジョン(弱視)研究の第一人者 中野泰志教授による比較研究実験では、多様な弱視の見え方をシミュレートした実験に加え、弱視の高校生や成人、教員等200名以上を対象とした実験を実施しました。その結果、比較した従来の教科書体よりも可読性に優れていることが実証されました。

詳しい内容はカタログをご覧ください

UDデジタル教科書体

フォントメニュー名 :
UDデジタル教科書体
文字セット :
Adobe-Japan1-3(Std/StdN)
UDデジタル教科書体
デジタル教科書をはじめとした ICT教育の現場に効果的なユニバーサルデザイン書体です。
筆書きの楷書ではなく硬筆やサインペンを意識し、手の動きを重視しています。書き方の方向や点・ハライの形状を保ちながらも、太さの強弱を抑えたデザインで、ロービジョン(弱視)、ディスレクシア(読み書き障害)に配慮しました。明朝体・ゴシック体などの従来の学参字形(※)ではなく、教科書の現場に準じた書写に近い骨格にしました。
※ 学参字形:既存の書体をベースに、常用漢字表の範囲内で学習指導要領に準拠した字形に変えたもの。

UDデジタル教科書体 欧文

正体欧文

フォントメニュー名 :
UDDigiKyoLatin
文字セット :
特殊仕様(103文字)
UDデジタル教科書体 欧文 正体欧文

イタリック体欧文

フォントメニュー名 :
UDDigiKyoItalic
文字セット :
特殊仕様(108文字)
UDデジタル教科書体 欧文 イタリック体欧文

書き学習欧文

フォントメニュー名 :
UDDigiKyoWriting
文字セット :
特殊仕様(103文字)
UDデジタル教科書体 欧文 書き学習欧文
2020年度から実施される次期学習指導要領では外国語活動が小学3・4年生に繰り上げられ、小学5・6年生では英語が正式な教科となり、読み書きの指導も行われることとなりました。この動きに合わせて新たに出された文部科学省の英語教材の字形に準拠し、各出版社・現場の先生方の要望も反映した欧文書体です。正体欧文の「UDDigiKyoLatin」、イタリック体の「UDDigiKyoItalic」書き学習用の「UDDigiKyoWriting」があります。

UDデジタル教科書体 学習記号

フォントメニュー名 :
UDDigiKyoKigo
文字セット :
特殊仕様(117文字)
UDデジタル教科書体 学習記号
義務教育における算数・理科学習に必要な数字・単位記号、国語の句点付き鉤括弧を含めた学習記号専用書体です。「UDデジタル教科書体」と合わせて使用したときに最適なサイズや太さに調整しています。