次世代育成支援 一般事業主行動計画

ページメニュー

モリサワは、次世代育成支援対策推進法に基づき「一般事業主行動計画」を策定しています。

次世代育成支援対策推進法とは

次世代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境整備のために国・自治体・企業・国民が担う
責務を明らかにし、2025年まで集中的かつ計画的に取り組んでいくことを目的に施行されている法律です。

株式会社モリサワの行動計画

社員が、仕事と生活の調和を図りながら、その能力を発揮し、活躍できる雇用環境の整備を継続的に行う
ため、次のように行動計画を策定します。

・第4回 行動計画期間:2018年4月1日~2021年2月28日
     *計画期間を変更しました。 〈変更前:2018年4月1日~2023年3月31日〉
・第5回 行動計画期間:2021年3月1日~2023年2月28日

目標1 仕事と育児の両立を尊重できる意識づくり

2021年3月~
・固定的な性別役割分担の意識、偏見を無くすための教育を行う。

目標2 出産前後も安心して勤務できるための取組み

2021年3月~
・妊娠、養育中または将来的に子育てとの両立を目指している男性・女性社員に対して、
 コミュニケーションの機会を提供する。
・社内イントラを活用して、出産や育児に関する情報提供を行う。

目標3 男性社員の育児参加を推進する

2021年3月~2022年2月
・育児休業制度について全社員へ周知を行い、積極的な活用を勧める。
・対象の男性社員に対して育児休業を個別に案内し、取得を促す。

2021年3月〜
・育児に関する社内制度を検討・改善する。