情報セキュリティ方針

ページメニュー

株式会社モリサワ 情報セキュリティ方針

当社は、「文字を通じて社会に貢献する」という企業理念に基づき、フォント製品その他の製品やサービスを提供しています。当社がお客様や取引先からお預かりした個人情報、機密情報及びこれらを管理するためのシステム(情報資産)を適切に取り扱うことは当社の企業理念を実践するための重要な前提であるだけでなく、情報化が進む現代社会において、情報を取り扱う全ての企業にとって最重要の社会的責務の一つであると認識しています。このような責務を果たすため、当社は、情報セキュリティ方針を定め、情報資産を適切に管理及び保護することを宣言します。

行動指針1

当社は、情報資産を適切に保護するため、情報セキュリティ管理責任者を配置することを含め、情報セキュリティに関する役割、権限及び責任を画します。また、これらに基づいて取り組むべき事項を社内規程によって明確にし、情報セキュリティ管理態勢を構築します。

行動指針2

当社は、情報資産に関する不正アクセス、漏えい、破壊、改ざん等の情報セキュリティインシデントの発生を予防するため、情報資産及びこれに係るリスクを特定、分析及び評価した上で、リスクに応じた対策を実施します。

行動指針3

当社は、情報セキュリティ管理態勢が適切に機能するよう、全ての役員及び従業者に対して情報セキュリティに関する訓練・教育を実施します。また、業務委託先についても、情報セキュリティに関する取り組みを求めます。

行動指針4

当社は、情報セキュリティに関連する法令及び当社が同意するその他の規範を遵守し、情報セキュリティインシデントの予防に努めるとともに継続的な改善をはかります。

行動指針5

当社は、情報セキュリティ監査の実施により、情報セキュリティ管理態勢の実施状況を常に確認し、より効果的な情報セキュリティの実践に向けて改善施策を講じます。