ニュース&プレスリリース

ページメニュー

Acrobat DC アップデートを起因とする、MVP7・MC-Smart 2におけるPDF出力の障害発生について

※MC-Smart 3は本件に該当しません。

[概要]
Adobeから4月11日にリリースされたAcrobat DCアップデートを適用した場合、弊社「MVP7」および「MC-Smart 2」のPDF出力で障害が発生することが判明しました。

 

[現象]
各ソフトウェアより、Acrobatを利用したPDF出力を行った場合、「パラメータの数が無効です。」のダイアログが表示され、PDFが生成されません。

MVP:アプリケーション環境設定で「PDFエンジンにAcrobatを使用」ONの状態で、ファイルメニュー→「PDF出力」を利用時
MC-Smart:アプリケーションメニュー→エクスポート→「PDF」を利用時

 

[原因]
Acrobat DCの不具合になり、対象バージョンは下記になります。
通常は自動アップデートになっており、4月11日以降にアップデートが発生しています。

・Acrobat DC(サブスクリプション版):2019.010.20099(Continuous Track)

 

[解決策]
Acrobat DCのバージョンダウンを行うことで、トラブルを回避可能です。
おそれいりますが、下記の手順に従って、バージョンダウンをお願いいたします。

1. 現在のAcrobat DCをアンインストールします。

2. 下のページよりAcrobat Pro DCのインストーラーをダウンロードします。
https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/acrobat-dc-downloads.html

3. 下のページより「AcrobatDCUpd1901020098.msp」をダウンロードします。
https://www.adobe.com/devnet-docs/acrobatetk/tools/ReleaseNotesDC/continuous/dccontinuousfebruary2019ooc.html

4. インターネットの接続を切断します。

5. 2.をダブルクリックして解凍し、できたフォルダ「Adobe Acrobat」内に3.のアップデータを配置します。

6. setup.ini の「PATCH=」から始まる行を、以下の記述に(最新版のアップデータのファイル名が反映された記述に)変更し、保存します。
 Acrobat DCの場合:PATCH=AcrobatDCUpd1901020098.msp
「Setup.exe」を実行します。

7. Acrobat DCを起動し、編集メニュー→環境設定内にある「アップデーター」より、自動的にアップデートをインストールする」をOFFにします。

8. インターネットを再度接続します。

9. MVP、またはMC-Smartを起動し、PDF出力を行います。

 

[補足]
本問題はAcrobatのアップデートによる起因になりますので、改善につきましてはAcrobatの追加アップデートをお待ちください。
またAdobeのサイトに記載のあるように、Acrobat 2017(永続ライセンス)をご利用の場合も同様の問題が発生します。
https://forums.adobe.com/docs/DOC-9921