95th Anniversary Lecture 自分の人生は自分で動かす 2019年5月 写真植字機発明95周年記念講演

写真提供/シーズアスリート

浦田 理恵

シーズアスリート所属
ロンドン2012パラリンピック
ゴールボール女子金メダリスト

熊本県生まれ、福岡市在住。
20歳の時に急激に視力が低下し現在左目の視力はなく、右目も視野が98%以上欠損しており強いコントラストのものしか判別できない。2003年 26歳でゴールボールに出会い、北京2008パラリンピック7位。
ロンドン2012パラリンピックでは、夏季・冬季あわせて日本史上初となる団体競技での金メダルを獲得し、厚生労働大臣賞、福岡県民スポーツ栄誉賞など数々の賞を受賞。リオデジャネイロ2016パラリンピックでは主将として活躍し、5位入賞。

向上心と努力を積み重ねた時に発展がある

講演の前に5Fショールームを見学した際、「モリサワ前社長の強い信念、世の中の期待に応える姿勢、一つのひらめきから作り出された写真植字機にスポーツとの共通点」を感じた。「視覚障害者に文字は読めないが、浮き出ている文字は触ることができる。文字を音声に変えて耳から情報を得ることもできる。力強いか、丸い可愛い文字か、文字の形や様子を伝えてもらうことで、よりイメージを掴みやすくなる。日々さまざまな方法で文字と接している」と語った。

相手を思いやる心、コミュニケーションの大切さ

ゴールボールは、試合をする上で大事なポイントが二つある。それは、「相手を思いやる心」と「コミュニケーション」。 「相手を思いやる心」、自分が出しやすいパスを出すのではなく、相手のことを一番に考え、相手が取りやすいパスを出す。 「コミュニケーション」、お互い見えないのでいつパスが来るかわからない。パスする方もパスを受ける方も声を出す。 自ら声を出しコミュニケーションを取らないと、パスは通らず試合は成り立たない。ゴールボールだけでなく、日常生活、職場などさまざまな場面でこの二つのことが大切だと感じている。
ゴールボールを始めて14年経つが、まだ目が見えていた学生の頃、実は体育の授業が大の苦手でスポーツの世界で金メダルを獲れるなんて夢にも思っていなかった。しかし、それ以上に驚いたこと、それは「まさか自分が視覚障害者になる」ということだった。ゴールボールと出会うまでに、大きな苦悩があった。

たった一つ残っていた、「伝える」という勇気

教員になるため福岡で暮らしていた20歳のころ、目が見えにくくなり、最初は軽く考えていたが症状は日増しに悪化、普通じゃないと感じ始めた。そのことを自分自身が受け止められず、誰にも話すことができなかった。引きこもりの生活は1年半に及んだ。どん底に追い込まれていくなか、たった一つ残っていた勇気を振り絞り22歳のお正月に久しぶりに実家に帰省し、目のことを両親に伝える決心をする。 博多から熊本まで電車に乗り、熊本駅の改札までやっとの思いで辿り着く。歩いてくる私の姿を見た母に声を掛けられたが、顔どころか姿も何も見えなかった。そのとき初めて、「もっと早く伝えていればよかった」と後悔する。 目が悪くなったことを伝えたが最初は信じてもらえず、母は「これ何本に見える?」と指を出した。その指を一本ずつ触りながら数える姿を見て、「本当に見えてないんだ、気付いてあげられなくてごめんね。」と駅の改札ということも構わず号泣する母に、やるせない気持ちでいっぱいになった。
しかし救われたこともあった。「やっと見えないことを伝えられた。もう見える振りをしなくていい、ありのままの自分で居ていいんだ」と、肩の荷が降りた。

写真提供/シーズアスリート

忘れていた感謝の気持ち

日常のすべてが当たり前になりすぎていたことに気付く。目が見えなくなって一人でどうしようもなくなったとき、どれだけ人に支えられ励まされているかが分かり、すべてに感謝の気持ちを持つことができた。 上手くいかずネガティブな感情を抱くことがある。しかしそのピンチは何かのメッセージで、もう一歩自分が成長するチャンスなのだとわかった。 最初から前向きになれたわけではなく八つ当たりもしたが、両親は私を甘やかすことなく「福岡で自分のできることを見つけなさい。やれるようになりなさい。」と自立を促し応援してくれた。私のことを一番に考えてくれた結果だと両親への感謝は尽きない。

自分の人生は自分で動かす

「自分の人生は、自分で考えて動かないと何も始まらない。」 点字を学び、白い杖を使い一人で歩けるようになるため、日常生活の訓練学校へ、その一歩を踏み出す。 訓練学校で多くのことを学んだ。見えなくなったことで勝手に限界を決めつけていた自分に気付き「工夫し練習する、そうすればできることを増やすことができる。ないなら自分で作り出せばいい」と思うようになった。 勝ち方や成功の仕方はひとつじゃない。さまざまな人の繋がりのなかで、どう頑張っても一人でできないこと、その時は助け合えばいい。助け合うからには自分も「相手にやってあげられる貢献ポイントが重要。」目が見えないからと何もしないのではなく、元気に挨拶、笑顔を向けるだけでも、相手を気持ちよくさせられる。

ゴールボールとの出会い

2004年アテネパラリンピック、ゴールボール女子チームが銅メダルを獲得した試合をテレビで観戦、見えない人が球技をやっていることに衝撃を受ける。世界の舞台で自分自身を全身で表現している姿に感動し「私もこんな風に輝いてみたい」と思った。ここが「運命の分かれ道」だった。できるかどうかわからないけれど一歩踏み出すのか、自分には無理と終わらせてしまうのか。私は直感で行動に移しコーチの元へ。体も細く体力の無さを指摘されたが熱意が伝わりチームへ加入できた。だが、練習はきつく、試合に出ても最初はミスが多かった。しかし先輩達は声を掛け懸命にカバーしてくれた。 視覚障害者は目で見て練習ができない。先輩がさまざまなフォームを取ってくれ、それを触り体得していく。時間の掛かる練習に、先輩は汗を流し付き合ってくれた。チームメイトとして認めてくれている嬉しさを感じた。

諦めなければ、そこにあるのは成長か成功しかない

ゴールボールを初めて約14年、学びは多い。「上手くいったときは皆のお陰、ミスをしたときは必ず自分に矛先を向けて考える」「環境や人のせいにしない、上手くいくために自分はもっと何ができただろうか」と考える。仲間のミスや失点で負けた時に、自分のところで失点しなくてよかった、と思うような選手が一人でもいたら日本は勝てない。 代表選考ではチームメイトもライバルになる。少し前までは自分が一番でいたいため、仲間がミスすればいいのにと考えることもあった。しかし、仲間のミスを願うと自分がミスをする。「自分の思ったこと、言葉にしたことは必ず自分に返ってくる。」それを繰り返し、やっと本質が見えた。今は自分が一番になるためではなく、チームが勝つため「もっと高みを目指すため」と考えている。 ベテランとなったいま、「チームにおける存在意義」を自覚、チームでやれることにとても幸せを感じ「このチームで2020年は金メダルを獲れる」と信じている。 出会いにも意義と意味を見出し、無駄なことは一つもないとわかった。今日のこの出会いも、代表選考が掛かるスウェーデン遠征への力に変え「皆様からの応援を受け、思いっきりプレイしたい」と語る。

写真提供/シーズアスリート

視覚障害者の次の一歩のために、金メダルを誓う

東京2020大会は日本で開催されることに意味があるのではなく、そのあとに続く「未来のため大きな起爆剤」としてこの大会はある。2020年、金メダルを獲る。「結果があるとたくさんの人に観てもらえるチャンスが増え、それを観た次世代の視覚障害者の人たちが自分もやってみよう、頑張ってみようという次の一歩に繋がる。それは本当に価値の高いこと。私たち選手は全力のプレイで、この東京2020大会を盛り上げて行きたい。モリサワの皆様には私たちの全力のプレイをワクワクするような文字で多くの人に伝え、私達の背中を押していただけたら嬉しい。」と感謝の言葉を述べた。 大きな拍手が起こり講演は幕を閉じた。