ブログ - Morisawa DTP Lab

2020年度新書体でロゴを作成しよう!

カテゴリ:Adobe Creative Cloud

★2021年★あけましておめでとうございます!

新年一発目のMorisawa DTP Labを担当する明石です。(前回モリサワのビルのご紹介を担当いたしました)

 

さて、今回ご紹介するのはモリサワの2020年度新書体と、新書体を使ったロゴの作成方法です。

 

昨年11月、MORISAWA PASSPORTをご利用のお客様向けに新書体が配信されましたが、もう使っていただけましたか?

ばっちり使っているよ!という方も、まだインストールできてないんだよなあ…という方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

■2020年度モリサワ新書体

2020年度のアップグレードで追加された書体は78書体。

今回はその中から、「ぺんぱる」と「くれたけ銘石」をご紹介します。

ぺんぱる

「ぺんぱる」はフェルトペンで手書きしたような、親しみやすい雰囲気のデザイン書体。
この書体で表現された文字は、その人の声が聞こえてきそうな気がしますよね。記号類も手書きの風合いでしっかりと作り込まれています!

くれたけ銘石

「くれたけ銘石」は、 漢字書体「銘石」と、かな書体「くれたけ」を組合せたオールドスタイルのゴシック体。
ノスタルジックな雰囲気の中に、どこかモダンな魅力も感じます。
ところどころ、さんずいや点などに雫のような形が見られるのも可愛いですよね。

Adobeソフト×MORISAWA新書体

書体はそのまま使用しても十分魅力的なのですが、もうちょっとインパクトが欲しいときもありますよね。そんなときはAdobeソフト、IllustratorやPhotoshopで加工しちゃいましょう!

というわけで、新書体「くれたけ銘石」を使用して、Illustrator 2021でロゴを作成してみました。
今回はこのロゴの作成方法をご紹介していきますよ~!

まずはロゴや見出しの定番、文字に「変形」をかけてみましょう。
「効果」メニュー→「ワープ」から「円弧」を設定します。
「でこぼこ」を使ってもいい感じのロゴができそうですね!

次はアピアランスを使用して、文字に塗りや線を設定してみましょう。

「塗り」を1つ追加して薄い黄色に、「線」を2つ追加して濃い茶色、薄い茶色にしてみました。それぞれ線幅も変えてくださいね。

さて、最後にもうひと工夫を加えてみましょう!

一番上に「塗り」を追加し、上(白)から下(茶色)にグラデーションをかけます。

「不透明度」から「描画モード」を「乗算」に変更しましょう。

「効果」メニュー→「パス」→「パスのオフセット」を開き、マイナスの数値を設定しましょう。グラデーションの塗りが、少し小さくなりました。

「効果」メニュー→「パスの変形」→「変形」を開き、「移動」に数値を入れましょう。グラデーションの塗りを右下に移動させることで、ちょっと立体感が出ます!

これで完成です!

アピアランスを使用して作成しているので、文字や色の変更も簡単にできます。
書体を変えてみるとガラッと雰囲気が変わりますね。

 

ぜひ、いろんな書体を利用して、ロゴや見出しを作成してみてくださいね!
それでは~

≪前の記事          次の記事≫