ブログ - Morisawa DTP Lab

Adobe Premiere Pro で動画編集にチャレンジ♪ ~動画結合編~

カテゴリ:Adobe Creative Cloud

こんにちは、イノウエです。

12月も半ばとなりますが、みなさま 2021年中の目標は達成できましたか?
この時期はただでさえクリスマスや大掃除、そして新年を迎える準備で忙しくされている方も多いと思います。

今年のことは今年中に終わらせたいものですね…!

さてさて、今回は連続企画「Adobe Premiere Pro で動画編集にチャレンジ♪」の第二弾として、動画結合編をお送りいたします!

 

セミナーのお知らせ

今回の記事で取り上げる『Premiere Pro』については、2022年1月19日、20日に開催『MORISAWA FAIR オンライン 2022』のセミナーでもご紹介します!

初心者の方にぜひ見ていただきたい、動画編集の基本がつまったセミナーとなります。 ぜひ下記よりお申し込みください!

MORISAWA FAIR  オンライン 2022 お申し込みはコチラ

 

※今回の内容に入る前に

動画結合の前に、まずはPremiere Proでプロジェクトを作成し、素材を読み込んでおく必要があります。

その方法については「Adobe Premiere Pro で動画編集にチャレンジ♪~基本編~」内にある「STEP 1. プロジェクトをつくる」「STEP 2. 素材を読み込んで並べる」を見てくださいね!

1. 動画を並べる

それではさっそく、タイムラインに動画を並べてみましょう!

プロジェクトパネルに登録した素材から、タイムラインにドラッグ&ドロップすることで、動画を並べていきます。

並べた動画は、右上のプログラムモニターで再生し、確認することができます。再生・停止のボタンをクリックしても良いですが、編集中はわざわざマウスクリックするのが面倒なケースもあります。そんなときは、スペースキーを押すことで再生・停止ができますので、ぜひ活用してください。

2. 動画をドラッグして長さを調整する

配置してみたものの、動画の前後が不要な場合もありますよね。

そういったときは、動画の長さを調整していきます。今回は秒数でトリミングしてみましょう。

まずはタイムラインの再生ヘッドをドラッグして、切り取りたい秒数に合わせます。秒数が見にくい場合は、下にあるズームスクロールバーをドラッグして調整してみてください。一度にタイムラインに表示する秒数を変更できます。

今回は5秒(00:00:05:00)のところに合わせてみました。

この状態で、動画の最後の部分をドラッグすると、先程の5秒のところにスナップして動画の長さを切り取ることができます。

これで、5秒にトリミングした動画が作成できました!

3. 別の動画を追加する

手順2で切り取った動画のあとに、別の動画を並べてみましょう。

これも、初めと同じように登録した素材からドラッグ&ドロップするだけです。さきほどの動画の後ろに来るようにドラッグすると、自動的にスナップしてくれます。

4. レーザーツールで動画を分割する

2つ目の動画も、5秒に調整してみましょう。

手順3と同じやり方でも良いのですが、今回は「レーザーツール」を使って動画を分割してみます。

タイムラインの再生ヘッドを10秒に合わせます。レーザーツールを選択し、タイムライン上をクリックすると、自動的にスナップされ、10秒のところで動画を分割することができました。

動画を分割すると、そのあいだに別の動画を挿入するようなことも簡単にできますね!

5. 動画をあらかじめ切り取る

さきほどまでは動画をタイムラインに並べてから長さの調整をしましたが、使う部分が決まっているような場合は、あらかじめ切り取っておくこともできます。

プロジェクトパネルの素材をダブルクリックすると、左側のソースモニターで再生することができます。

ソースモニターの再生ヘッドを、動画の始点までドラッグし、「インをマーク」しておきます。同様に再生ヘッドを終点までドラッグし、「アウトをマーク」しましょう。

これをタイムラインへドラッグすると、あらかじめ切り取った状態の動画を配置することができます。

長い素材などは、あらかじめ切り取っておくと便利ですよ!

6. 動画を切り替えるエフェクト

これで動画を並べることができました。

しかしこのまま再生すると、動画の切り替えが少し味気ないですよね。

そのため、今回は「エフェクト」を使って動画と動画の繋ぎ目をスムーズにしてみましょう!

動画のつなぎ目の上で右クリックし、「デフォルトのトランジションを適用」を選択すると、「クロスディゾルブ」のエフェクトが適用されます。これで、動画が徐々に消えていくような、スムーズな繋ぎができるようになりました。

クロスディゾルブ適用後

動画の始まりと終わりにも同じように「クロスディゾルブ」を適用できます。

また、このエフェクトはドラッグすることでエフェクトの長さを調整することもできますよ。

動画を切り替えるエフェクトは他にもいろいろと用意されています。「エフェクト」パネルの「ビデオトランジション」から好きなエフェクトをドラッグするだけで設定できますので、いろいろ試してみてくださいね!

以上、動画結合編でした。

次回の企画記事は「動画加工編」として、動画に対する色調整や、トランジション以外のエフェクトについてご紹介する予定です。お楽しみに!

 

セミナーのお知らせ

今回の記事で取り上げる『Premiere Pro』については、2022年1月19日、20日に開催『MORISAWA FAIR オンライン 2022』のセミナーでもご紹介します!

初心者の方にぜひ見ていただきたい、動画編集の基本がつまったセミナーとなります。 ぜひ下記よりお申し込みください!

MORISAWA FAIR  オンライン 2022 お申し込みはコチラ

 

DTP Lab. information メールマガジンのご案内

本ブログの更新や、イベント・セミナー情報などをメールマガジンで配信しています。
今後の情報配信をご希望の方は、ぜひ下記よりご登録ください。

DTP Lab. information メールマガジン登録フォーム

Adobe製品のご導入に関するお問合せはこちら

≪前の記事          次の記事≫