ブログ - Morisawa DTP Lab

モリサワが取り組む『SDGs』

カテゴリ:ユニバーサルデザイン

すっかり春ですね♪

こんにちは、お久しぶりです黎(レイ)です。
4月になり、春本番!
桜も多くの地域で開花し、気持ちがウキウキする季節となりました。進学や就職で新生活が始まった方も多いのではないでしょうか。

さて、今回は『モリサワが取り組むSDGs(エスディージーズ)』についてご紹介します。
と言いましても、実は「モリサワのSDGs」=「皆さまが取り組まれるSDGsの活動への貢献」なんです。
実例もふまえてご紹介しますので、SDGsに取り組まれている方、これからSDGsに取り組まれる方は是非チェックしてください。

1. SDGsとは?

数年前から、新聞やテレビの中でよく聞くようになった「SDGs」という言葉。皆さまも身近に仕事を通じて「SDGsを知った」ことも多いのではないでしょうか。
改めてSDGsとは何なのか簡単に解説していきます。

近年、世界の経済発展とともに深刻化した社会問題や環境問題は、各国や国際機関の力だけでは対応できなくなり、このままでは資源が枯渇し、自然が失われることが懸念されています。
SDGsは、この地球規模の危機に対して、2015年9月の国連サミットで採択された、未来社会のための「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。
SDGsでは、世界の「誰一人も取り残さない」ことを誓い、誰もが幸せに暮らせる社会をつくるための17の目標を掲げています。
貧困・平和・人権・気候変動・環境破壊などの社会課題を含むこれらの目標は、豊かさを追求しながら資源や環境を守り、2030年までに達成することを目指しています。

2. モリサワとSDGs

モリサワは、「文字を通じて社会に貢献する」を社是とし、創業以来、文字の視点で社会価値の創造を目指してきました。
経営理念の実現に向け、企業市民の一員としてSDGsへの積極的な取り組みを行います。
持続可能(サステナブル)な社会を実現するための具体的な活動として、4つの重点テーマを設定しました。私たちは、一人ひとりが意識と行動の変革を起こし、お客様やパートナーとともに社会課題の解決に貢献していきます。


持続可能な社会のためのビジョン
①お客様はもちろんのこと、社会における課題を文字の視点で解決します
②隔たりのない共生社会の実現に向け、多様性を理解し尊重し合うダイバーシティ施策を推進します
③次世代により良い社会を引き継げるよう、環境への配慮、文化の継承、地域の創生などの活動に取り組みます
④持続可能な社会への貢献を通じて企業として成長し、企業の成長を持続可能な社会への貢献へとつなげていく、社会と企業の持続成長サイクルを実現します

 

モリサワのSDGsについてはこちら

3. モリサワSDGs貢献事例

「持続可能で誰一人取り残さない社会の実現」のためにさまざまな情報発信の場でモリサワの製品をご活用いただいています。
※各タイトルをクリックいただきますと事例がご覧いただけます。

【UDフォントでのSDGs貢献事例】

①三井住友トラスト・アセットマネジメント様

お客様の投資判断に役立つ情報をわかりやすく提供

 お客さまの投資判断に役立つ情報を分かりやすく提供するために、UDフォント(ユニバーサルデザインフォント)のMORISAWA BIZ+(モリサワビズプラス)を採用いただきました。

55種類のUDフォントをご利用いただける定額サービス→MORISAWA BIZ+

②相模原市様

市民に対して「正確に伝える」「正確に伝わる」情報発信

市民に対して「正確に伝える」「正確に伝わる」情報発信のために、WebページにUDフォントのWebフォント:TypeSquare(タイプスクエア)を採用いただきました。

ブラウザでもUDフォントを表示できるWebフォントサービス→TypeSquare

【MCCatalog+でのSDGs貢献事例】

③豊田市様

「つながる つくる 暮らし楽しむまち・とよた」の実現を目指して

豊田市様では、市の広報紙である「広報とよた」をはじめ、豊田市の市勢データをまとめた資料等の紙媒体作成を廃止されました。多言語で電子配信を可能にするツール:MCCatalog+(エムシーカタログプラス)を採用いただき、専用ビューワCatalog Pocket(カタログポケット)で配信することで、ペーパーレス化を実現されました。
また、紙媒体では難しい多言語表現も、MCCatalog+なら自動翻訳機能で簡単に多言語配信ができるため、豊田市在住の外国人の皆さまにも情報を届けることができます。

広報紙を多言語で配信するツール→MCCatalog+

   

4. 印刷・デザイン会社様がお客様に提案できるSDGs

モリサワは、文字とお客様の視点を常に持ち、長年培ってきたフォント開発、組版技術によって、お客様が取り組む社会課題の解決に努めてきました。
製品・サービスのどのような特徴が、サステナブルな社会、SDGsの達成に貢献できるかを考え続けます。そして製品をご活用いただくことによってクライアント様のSDGsへの貢献を促進するとともに、自社のSDGsへの取り組みとして「誰一人取り残さない」情報発信へつながることを確信しています。

【貢献できる製品:UDフォント】

印刷物やWebページなどで利用するフォントを可読性の高いUDフォントに変えることによってSDGsへの貢献の一部に寄与することができます。

【貢献できる製品:多言語ユニバーサル情報配信ツール】

多言語化、読み上げ機能、動画や音声などに対応することによって、外国人・視力に障がいをお持ちの方々に対して情報発信を行うことができます。

MCCatalog+(配信用データ編集ソフト)
Catalog Pocket(専用ビューワ)

いかがでしたか?SDGsへの取り組みってどうしたらいいか分からないと思っていた方でも
・フォントを変える
・情報発信の方法を工夫する
ことで、少しでもSDGsへの貢献ができるのではないでしょうか。
※モリサワのUDフォントの一部は、Windows10に搭載されています。

モリサワは、これからも製品を通じて皆さまのSDGsへの取り組みに貢献してまいります。 ぜひSDGsへの取り組みにモリサワ製品をご活用ください。

DTP Lab. information メールマガジンのご案内

本ブログの更新や、イベント・セミナー情報などをメールマガジンで配信しています。
今後の情報配信をご希望の方は、ぜひ下記よりご登録ください。

DTP Lab. information メールマガジン登録フォーム

≪前の記事          次の記事≫